極真空手とは

 極真空手は創始者、大山 倍達(1923〜1994)が 幼少の頃より中国拳法を学び 1938年松濤
館空手の開祖、船越義珍先生の門をたたき、その後 剛柔流空手、 また他の格闘技を研究、
1963年国際空手道連盟極真奨学会極真会館を設立する。 その後、世界124ヵ国に1200を超
える公認道場を有し、非公認を含めると その数は1200万を超える会員を有し単独会派として
は世界最大にまで発展する。
 
極真空手の精神は・・・「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点とし他を益する」 を
基本とし、人種、民族、宗教、思想、政治を超越し、偏見を廃し 極真空手を通して 世界交流を
行い 世界平和に貢献する事を究極の目標とする。                          
              
 
                     極真精神
 極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武道の格言から発した名
称です。  
完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。
極真会館に伝統的に受け継がれている精神である。
 「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」の言葉は、故大山倍達自身
が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。 
極真の挨拶「押忍」の精神には尊敬、感謝、忍耐という精神があります。
心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が実生活に活かされると
信じます。 
 
 
戻る
戻る